TOP > 越谷市手をつなぐ育成会活動方針

越谷市手をつなぐ育成会活動方針

  

@ 「障がい児・者とその家族のための会である」ことをすべての活動の原点として、ノーマライゼーションの理念の普及に努めます。

  

A 障がい者と家族の高齢化について真剣に考え、障がい者が地域社会の中で、一社会人として、精一杯幸せに『共生』できるように支援していきます。


特定非営利活動法人 越谷市手をつなぐ育成会・友 施設運営方針

  

@利用者一人ひとりの個性・人権を尊重し、こころとからだの健康維持に努めます。それぞれ個々にあった自立を目指し、仕事・生活を支援していきます。

  

A地域の皆様に理解され、明るく開かれた施設であることを目指します。



育成会の全国的組織活動でできたこと

  

知的障害者医療費補助制度

  

知的障害者交通機関割引制度(JR、私鉄各種、高速道路)

  

養護学校(現:特別支援学校)の義務教育化

  

障害基礎年金や在宅手当など各種手当の創設

  

『精神薄弱児(者)』という侮辱的な呼称から『知的障がい児(者)』と改められました。

越谷市手をつなぐ育成会・友スタッフ

  

理事長 高野 淑恵
  

  

千草園 管理者・サービス管理責任者 田中 直樹
  

  

野の花 管理者・サービス管理責任者 野 雅美