越谷市手をつなぐ育成会施設運営方針

 

①「障がい児・者とその家族のための会である」ことをすべての活動の原点として、ノーマライゼーションの理念の普及に努めます。

  

②障がい者と家族の高齢化について真剣に考え、障がい者が地域社会の中で、一社会人として、精一杯幸せに『共生』できるように支援していきます。


特定非営利活動法人 越谷市手をつなぐ育成会・友 施設運営方針

  

①利用者一人ひとりの個性・人権を尊重し、こころとからだの健康維持に努めます。それぞれ個々にあった自立を目指し、仕事・生活を支援していきます。

  

②地域の皆様に理解され、明るく開かれた施設であることを目指します。



育成会の全国的組織活動でできたこと

  

知的障害者医療費補助制度

  

知的障害者交通機関割引制度(JR、私鉄各種、高速道路)

  

養護学校(現:特別支援学校)の義務教育化

  

障害基礎年金や在宅手当など各種手当の創設

  

『精神薄弱児(者)』という侮辱的な呼称から『知的障がい児(者)』と改められました。


育成会の施設運営

市立の就労支援センターの基準に合わない障がいの重い人のための受け皿として2つの施設を運営しています。

重い障がいがあっても、人として幸せな人生を全うしてほしいという親の願いが、すべての活動の原動力です。
「貧困な日常生活から豊かな経験値は決して得られない」ということを施設運営の理念としています。


施設支援

◇基本的生活習慣を体得できるよう支援します。施設に通うことで規則正しい生活のリズムを身につけます。

◇日常生活能力を上げていく支援をします。たとえば、衣類の着脱、整理整頓、歯磨き、食事、買い物、食器洗い、掃除など。親亡き後もいろいろな人の支援を受けながら生きていく力を育みます。

◇集団生活の中で、いろいろな人と共に生きていく力を蓄えましょう。我慢すること、順番を守ること、譲ること、自分の意思を伝えること、みんな大事な力です。


施設のお仕事

◇お菓子作り: クッキー、カップケーキ、ラスク

◇受 注: 箱折り等

◇資源回収: アルミ缶・新聞等の回収

◇手工芸品製作・販売: ビーズ製品

越谷市手をつなぐ育成会・友スタッフ

  

理事長 高野 淑恵
  

  

千草園 管理者・サービス管理責任者 田中 直樹
  

  

野の花 管理者・サービス管理責任者 髙野 雅美
  



 

リーフレットダウンロードします

ページトップに戻る